評判のいい家庭教師に依頼すれば成績が劇的にアップする

かかる費用や通う年数

大学生

運営元や学部による違い

大学には国公立と私立とがあり、前者の場合は、学費は比較的安めとなっています。これは国公立大学では、運営に国からの補助金を使うことができるからです。私立大学の場合は、国公立大学ほどの補助金が期待できないため、運営に必要となるお金を学費で賄う必要があるのです。さらに私立では、学費は学部や学科によっても異なっていて、一般的には文系学部よりも理系学部の方が、高めに設定されています。これは理系学部では、研究に使う機器の購入など、設備面での充実度を高めるための費用が多めにかかるからです。具体的には、文系学部では年間の学費は約100万円、理系学部では約200万円が相場となっています。特に私立の医学部は、多くの学費がかかることで知られています。年間の学費が、500万円を超えていることも少なくありません。そのため子供が私立の医学部への入学を希望している家庭の多くが、早めに教育費の積み立てを開始したり、奨学金制度について調べたりと、それぞれ工夫しています。一方国公立の場合は、基本的には学部や学科による学費の差はありません。文系学部でも理系学部でも、年間の学費は一律50〜60万円となっているのです。ただし卒業までにかかる年数は、私立でも国公立でも学部や学科ごとに異なっています。通常は4年間なのですが、医学部や薬学部などには、卒業まで最低でも6年間通うことが必要となるのです。年数が多いだけ学費も多くかかるので、そのことも考慮して進学先を選ぶことが大事とされています。