評判のいい家庭教師に依頼すれば成績が劇的にアップする

真剣に勉強することが大切

女性

ある程度真面目に

大学入試にあたって推薦入試を利用するのは、手の一つです。推薦入試といっても、いくつか種類があります。まず、出願さえできればかなりの確率で合格できるものが、指定校推薦枠です。国公立には指定校推薦は存在しませんが、有名私立などに比較的簡単に入ることができます。学校からの募集という形で、校長からの承認を得て出願することになります。大抵、模試などの成績ではなく学校の成績や授業態度などが重要視されます。ですから、塾や予備校などの勉強などに注力するだけでなく、日頃から真面目に学校の授業を受けておきましょう。さらに、指定校推薦は各学校によって受けることのできる大学、学部、定員などが異なることに注意が必要です。ある程度偏差値が高く、長年良い実績をおさめている学校ほど、より多くの推薦枠を持っているものです。早くから進路が決まっているなら、高校選びのポイントにしてもいいかもしれません。指定校推薦以外の推薦は、各大学ごとに仕組みがさまざまです。主なものにAO入試、センター利用入試などが挙げられます。他にも個別に学力試験や面接などを課している大学もあります。もし自分の志望校に推薦入試が設けられているのであれば、チャンスを増やすと思って挑戦するといいでしょう。ただ、こうした指定校推薦以外の推薦でも、評定がある一定の水準を超えていなければ受けられないのが一般的です。どんな形であれ、推薦入試を視野に入れるのであれば、1年生のうちから真面目に良い成績をおさめましょう。